海外ドラマ

【海外ドラマ】「マニフェスト-828便の謎-」第3話のあらすじと感想。

海外ドラマ「マニフェスト-828便の謎」

放送当時、全米で視聴率No.1を記録した大人気ドラマです!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでおなじみのロバート・ゼメキス制作総指揮によるSFミステリー超大作。

全16話の長い展開。そして、シーズン2、シーズン3へと続く壮大なストーリー。

大人気シリーズとなる予感を感じます!

『マニフェスト』ここがポイント!

・タイムスリップ?
・超常現象かそれとも陰謀か?
・「謎のよびかけ」?・神・聖書?
・828という数字に隠された謎?

あーーー、もうこのキーワードだけでも面白そうじゃないですかっ!!

 

予想通り、しっかりとハマりましたっww

あなたもハマってみませんか?

 

今回の記事は「マニフェスト-828便の謎」シーズン1第3話のあらすじと感想記事になります。

ネタバレも含みますので、見ていない方はご注意下さい。

第3話のあらすじ

「乱気流」

ベンとミカエラは、828便に関連した殺人事件を捜査する。

被害者のケリーは殺害される前、多くのメディアに出演し828便について話していた。

ケリーの殺害現場からネックレスが盗まれており、強盗殺人が疑われたが...。

引用:U-NEXT公式サイト

第2話のあらすじと感想記事はこちらをご覧下さい!

 

登場人物の情報などはこちらをご覧下さい!

第3話のあらすじ(ネタバレ)

EPISODE 3 「乱気流」

以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい!

※時系列がおかしいところもありますが、それぞれの登場人物にフォーカスしてまとめてあります。

ケリー・テイラーの死

国家安全保障局(NSA)からの口外禁止の忠告を無視して、マスコミのインタビューに応じて「政府の陰謀だ」と主張していたケリーが何者かによって殺害された。

このニュースを見て自分たちの身の危険を感じたベンたちは動揺を隠せなかった。

そんな中、ベンにサンビから連絡が入った。ケリー殺害のニュースのことももちろんだが、もう1つ分かったことがあるという。

カルの体内の血液中に”見たことのないタンパク質のマーカー”を発見したとのことだった。腫瘍マーカーでも有害物質でも感染症によるものでもないということだった。

ケリーの自宅へ向かおうとしたミカエラだったが、運転席に座った瞬間、イビーの事故のことを思い出してしまい(だいぶトラウマなのね)代わりにベンに運転を頼んだ。

ケリー宅の周辺には野次馬たちが多く集まっていて、すでに容疑者も逮捕されていた。強盗事件として処理されたようで、盗られたものは金のネックレスのみ、死因は銃殺、後頭部に一発だった。

そこへ、NSAのビンスが現われ「828便に関わる事件は我々の管轄だ」と。ミカエラたちは退散せざるを得なくなった。

自宅の外で、ケリーの夫・パトリックと話すことができた。目立った行動をしないようにと忠告したがケリーは聞かず、”使命だ”、”呼ばれた”と言っていたとのことだ。

真実を話せ

ケリーのインタビュー映像を見返していたミカエラは、唐突に頭の中に”真実を話せ(OWN YOR TRUTH)”という言葉のヴィジョンを見て、ケリーはこの言葉を聞いたんだと確信した。

改めて、パトリックに話を訊くことに。ケリーは戻ってきて以来、人が変ってしまったようだった。2日前から「真実を話す」と口にしていたらしく、贅沢はよくないとか質素に暮らしたいとか話していた。また黒い車や電話口のカチャカチャと妙な音を気にしていたという。家政婦は、昨日モールへ行ったケリーがアザを作って帰ってきたと話していた。

イビーの事故の真実

パトリックはケリーの告別式の準備で忙しそうだった。そんな様子を見てミカエラにはフラッシュバックを起した。

~ミカエラの回想シーン~

自分の飲酒運転のせいで交通事故に遭わせてしまったイビーの弔問に伺ったが、イビーの両親に追い返されてしまったのだった。

~現在のシーン~

ミカエラは意を決してイビーの家を訪ねた。事故の真実を話すつもりだった。

ところが、意外にも母親は快く迎えてくれた…ようにみえたが、何か様子がおかしい。事故以来、心を病んでしまって認知症になってしまっていたのだった。まだイビーが生きていると思い込んでいる。

「真実を話す」の意味は?

ジャレットの捜査協力でパトリックが小さなモールを所有していることが分かった。

ケリーが呼ばれたのはモールだと直感したミカエラたちは、モールで1人の女性に声をかけるとその女性は突然逃げ出した!

話を訊くと、パトリックがテナントの不法移民たちを脅して不当に搾取していたということだった。だが、ケリーを襲ったわけではないとも。

ケリーの言っていた「真実を話す」とは、夫・パトリックのこの悪事のことだったのだ。

テナントの従業員たちへの聞き込みにより、パトリックは逮捕された。彼は悪徳オーナーで、不当搾取の他にもいろいろと悪事を重ねていたらしい。

だが、ケリー殺害時にはアリバイがあり、犯人ではなかった。

ストーン家の苦悩

ベンたちの家にカルの親友だったケビンがやってきた。当然ながら成長していたケビンはオリーブと交際していた。ケビンと再会したカルはショックを隠せない。

裏庭の門が開いていて、誰か侵入者がいたと騒ぐベンだったが、カルは犯人はオリーブだよとバラしてしまった。

秘密をバラされてカルを叱るオリーブだったが、「僕は小さいままだ…」と嘆く彼に「双子の絆は何よりも強い」となだめた。

ベンが家に帰ると、扉の鍵が開いていた。不法侵入者だと思い、用心深く中にいた男に襲いかかるが、それはリンジーというグレースの友人だった。鍵を預かっているという。

グレースにはまだ秘密があった。

5年半の間、彼女を支えてくれた3人の男の名を伝えた。さらには交際していた男のことも明かした。だがその男とは「今後会うことはないだろう」と。グレースはその彼と別れることを決めていたのだった。

「あなたを愛してるわ…!」

ケリー殺害の犯人は…?

留置場でケリー殺害の犯人として捕らえられたイザヤと対面したミカエラ。彼はどうやらケリーを殺害してはいないようだったが、そこで意外な言葉をかけられる。

「君は選ばれし者の1人だ。我々の元へ戻った!」と。

「罪を償って、死んだらまた戻ってくる、君のようになるんだ」

「君は何を隠しているんだ?隠しているものをなくしたら清くなれる!」とも。

その言葉を受けてか、ミカエラは再びイビーの家を訪ね、真実を語ろうとする。

すると、イビーの母・ビバリーが行方不明になってしまったということで、車で探しに行くように頼まれる。

ここでイビーの事故についての真実が語られた。あの夜、イビーは泥酔している中で、自分で運転して帰ると言い張ったため、仕方なくミカエラが運転して帰ったのだった。

意を決して、車を運転していたミカエラは車道に立つビバリーを見つけた。車に轢かれそうになったビバリーを助け、割り込んだ。突っ込んできた車は歩道に突っ込む。

その車を運転していたのは、パトリックの家の家政婦・クリスティーンだった。ジョシュ正規にはケリーの金のネックレスがあった。ケリーを殺害したのは彼女だったのだ。

またも奇跡的に犯人逮捕に結びついたミカエラ。もはや偶然とは思えないというジャレットに対し、「自分でもまだうまく説明できない…」をかわした。

サンビからの報告

しばらくして、サンビからの連絡を受けたミカエラとベンは彼女の病院へ。

彼女はカルの体内の血液中に”見たことのないタンパク質のマーカー”を発見し、その後自分の血液でも調べたところ、同じものが見つかったということだった。

症状は”虚血性脳卒中”のようだという。1つの仮説として、”もし1度死んだような状態になってから生き返ったとするとこのような状態になる”とのこと。

さらに検査を進めるためには、脳の組織を採取する必要があるとして、ケリーの遺体を利用しようと考え、遺体安置所を探すが、ケリーのデータはどこにも見当たらなかった。

ケリーの遺体はNSAが引き取り、どこかへと運び去っていたのだった。

第3話の感想と考察

今回の謎の言葉?

今回気になったのは…ミカエラに対するイザヤの言葉。

「君は選ばれし者の1人だ。我々の元へ戻った!」と。

「罪を償って、死んだらまた戻ってくる、君のようになるんだ」

意味が分かりません…。

きっと、意味があるんだろうけど、まだ分かりません。

人間関係の修復の兆し

グレースとベンはすっかり仲を修復したようですね。

5年半という時間は長いけれど、少しずつ元通りになったようでよかったですね。

カルもオリーブもすっかり仲良くなって…「双子の掟」と絆を深めた。

乗客はみんな一度死んだ!?

今回最も重要なことはこの疑惑かもしれない!?

サンビの検査報告によるとカルの脳内に未知のタンパク質を見つけ、828便の乗客たちの体内にも含まれているということだ。

”虚血性脳卒中”に似た症状で、1つの仮説として、”もし1度死んだような状態になってから生き返ったとするとこのような状態になる”とのこと。

つまり、

828便の乗客全員が一度死んで生き返ったのではないか!?

という可能性がでてきたわけだ。

これなら5年半の月日が流れていても姿かたちが変らなかったりしているのも説明がつきますよね。

やはり政府の陰謀なのか?

ケリーの遺体は国家安全保障局(NSA)の手によって、どこかへと運ばれていた。

やはり、政府が何か隠しているのか?いや、隠そうとしているのか?

新しい謎が増えて、ますます注目の第3話!

今後も期待できますね!さあ、次回もお楽しみに!

第4話のあらすじ・感想記事はこちらをご覧ください。

「マニフェスト-828便の謎-」の視聴方法は?

まだまだ間に合います!もう、これは見ない訳にはいきませんね!

『マニフェスト-828便の謎-』を見ることのできる代表的な動画配信(VOD)サービスをまとめました。

配信状況の◎は見放題、▲は要課金(PPV・レンタル)を表します。

動画配信サービス 配信状況 月額料金(税込)  無料期間
U-NEXT 2,189円 31日間
Hulu × 1,026円 14日間
Netflix × 990~1,980円 なし
Amazon プライムビデオ 500円(税込)
4,900円(年間プラン)
30日間
dTV 550円 30日間

※本記事の内容はすべて、2021年7月現在のものとなります。
 配信状況など、詳細は各社公式サイトをご覧ください。

見放題なのはU-NEXTのみです。

AmazonプライムビデオdTVでも視聴できますが、レンタルとなります。

一番のおすすめはU-NEXTです。

U-NEXTの特長

  • 日本最大級の動画配信サービス!
  •  配信作品数は220,000本以上!(そのうち見放題作品は200,000本!)
  •  海外ドラマも映画もアニメも、ジャンルは豊富!
  •  無料期間は31日間!
  • 月額料金は2,189円(税込)
  • 毎月1,200ポイントがもらえる!

\作品配信数No.1/

U-NEXTに申し込む

31日間無料体験

\「マニフェスト」を見るならU-NEXT!/

U-NEXT

おすすめのVOD(動画配信サービス)3選!

VOD(動画配信)サービスにもいろいろありますが、その中でもおすすめのサービスを3つご紹介します。

基本的には観たいジャンルに強いサービスを選ぶといいと思います。

総合力ならU-NEXT、日テレ系が好きならHulu、コスパの良さならAmazonプライムですかね。

VODおすすめランキング

第1位 U-NEXT

U-NEXT
  • 国内最大級の動画配信サービス
  • 総作品数は220,000本以上!
  • 映画やドラマなどジャンルは豊富!
  • 最新作の配信も早い!
  • 毎月1200ポイントがもらえる!
  • 無料期間は31日間!

「ないエンタメがない!」のキャッチコピーはダテじゃない。一部課金が必要な作品もあるが毎月もらえるポイントで3本は新作映画が楽しめる。映画もドラマはもちろん、アニメや音楽(ライブ)など全ジャンルに強い。文句なしのNo.1のサービスです。

第2位 Hulu

hulu
  • 70,000本以上が見放題!
  • 海外ドラマに強い!
  • 日テレ系の見逃し配信も!
  • 今なら14日間無料トライアル!

「続きはHuluで!」でおなじみの通り、日本テレビ系列のドラマならここです。見逃し配信もスピンオフ作品も楽しめます。海外ドラマにも強いのが特長、ドラマのライブ配信も好評です。Huluでしか見ることのできない作品もありますよ。

第3位 Amazonプライムビデオ

  • コストパフォーマンスがいい!
  • 流通大手Amazonが運営!
  • 買い物にも便利!
  • バラエティなどオリジナル作品も!

世界最大級の流通大手Amazonが運営する動画配信サービス。その魅力は何といってもコストパフォーマンスの良さ。課金が必要な作品も多いが、それでもAmazonで買い物した際の配達がお急ぎ便になったりとメリットは大きい。

スポンサーリンク

-海外ドラマ
-,

© 2021 TRIGGER Powered by AFFINGER5