VOD(動画配信サービス)の発展を時代背景とともに読み解いてみる!

VODの基礎知識

最近話題のVOD(動画配信サービス)!

「観たい作品を見たい時に、見たい場所で楽しめる!」

映画好き、海外ドラマが好きな人にとってはたまらないサービスなのですが、いつからこんなにも話題になるようになったのか?

VODの2018年の市場規模は、2017年から19.5%増の2,211億円、2023年には3,000億円まで拡大すると予測されています。

(参照: GEM Partners株式会社 調べ)

こんなにも注目されているVOD(動画配信サービス)ですが、ここでその歴史を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

VODの歴史と変遷

VODの開始以前

VOD(動画配信サービス)が始まる前はTUTAYAGEOなどのレンタルビデオ店が隆盛。映画やドラマなどを自宅で観るためには、お店に足を運んで借りてくるというのが当たり前でした。

1995年頃

DVDの登場
動画圧縮技術であるMPEG2を採用したDVDが登場する。
従来のVHSと比べて、高画質となり、以降主流となる。

2001年頃

ADSLの普及により、インターネットの通信速度が向上。
徐々にインターネット人口が増え始める。

VODの黎明期

2002年
・楽天とUSENが共同運営で有料動画配信サービス「ShowTime」をスタート。
2003年
・Yahoo!Japan が「Yahoo!動画」をスタート。

・地上波デジタル放送の開始→ハイビジョン(HD)時代の到来へ
・SONYが初のブルーレイディスク(BD)レコーダーを発売。

2005年
・USENブロードネットワークスがGYAO!を開設。
・フジテレビが「フジテレビオンデマンド」(現・FOD)を開設。(民放局初となる)
・動画共有サイト「Youtube」がサービスを開始。

FTTH(光回線)の普及により、さらに通信速度が向上。
このことにより、インターネット人口は加速的に増加していく。
2007年
「Gyao!」は「Gyao NEXT」へサービス名を変更。
 
2006年
・BD-ROM規格の策定により、ブルーレイ(BD)のパッケージソフトが発売される。
2008年
・NHKが「NHKオンデマンド」を開始。
 
・Appleが「iPhone3G」を発売。→スマホ時代の到来へ
・SONY、SHARP、パイオニア、DENONがブルーレイ(BD)プレーヤーを発売。次第にVHSから移行していく。
・この頃からMPEG4 AVC/H.264が実用化。デジタル圧縮技術の進化は世の中をHDへと変えていく!
 
2009年
・「Gyao!」と「Yahoo!動画」が統合。
・「Gyao NEXT」は「U-NEXT」へサービス名を変更
 
・GoogleのOSである「Android」を搭載したスマホが登場!
2010年
・Appleが「iPad」を発売。→タブレット時代へ突入

VODの発展期

2011年
「Hulu」が日本上陸!
・NTTドコモが「VIDEOストアpowered by Bee TV(現・dTV)」を開始。
 
2013年
・テレビ放送は地上デジタル放送へ完全移行!
 
2014年
・日本テレビが「Hulu」の日本事業を買収。
 
2015年
「NETFLIX」が日本上陸。
「Amazon Prime Video」がサービスを開始。

日本におけるVOD元年ともいわれているのがこの年!
良質な海外ドラマの登場もあり、一気に認知度が上がる。
以後右肩上がりに市場は拡大していく。
 
2018年
・TBS・テレビ東京、WOWOWなどの共同運営による「Paravi」がサービス開始。
・NETFLIXのオリジナル映画「ROMA」がヴェネチア国際映画祭などで金獅子賞を受賞し、大きな話題に!
 
VODサービス発のオリジナル作品が映画祭にノミネートされることに対し、賛否両論あったと言われているが、それだけにVODサービスの評価や認知度が高まったことはいうまでもない

VODの普及の背景とは?

ネット環境の整備

VODの普及にはインターネット環境の整備が不可欠でした。

日本におけるインターネット普及率は2000年頃から始まったADSLサービスで火が付き、やがてFTTH(光回線)が普及し、2015年頃には80%を超えるまでになりました。従来のアナログ回線と比べると飛躍的な情報量と高速通信ができるようになり、通信も安定しました。まさにブロードバンド時代の到来です。

また、iPhoneをはじめとするスマートフォンタブレットの普及や無線通信技術であるWi-Fi環境の確立が背景にはあると思います。
このことにより、どこででも動画を気軽に楽しめるという文化が少しづつ根付いていったのではないでしょうか。

生活環境の変化

昔と比べて、人々の生活環境も大きく様変わりしました。

通勤や通学にも時間がかかるし、仕事終わりにも趣味の時間に費やしたりする人も増えてきました。自宅で家族そろってテレビを見る…なんて遠い昔の話のようですね(笑)

スマホやタブレットの普及!

スマホやタブレットの普及もあり、いろいろなことを個人で楽しむ文化が定着してきています。

テレビを見る、ゲームをする、読書する、友達と電話する、ネットを見る…など一人で過ごすことができる世の中ですし、こういった生活パターンの人も多いのではないでしょうか。

「好きなところで、好きなことをする」それが現代を表しているキーワードの一つにもなっているのではないかと思います。

だんだん人間関係というか、家族関係が希薄になってきてしまっているようにさえ感じますね…。

動画はより身近な存在に!

YouTubeやニコニコ動画のように、個人投稿の動画を見ることも当たり前になってきている今、動画が身近に感じられるようになってきました。

そんな今だからこそ、VOD(動画配信サービス)へのハードルも低く感じられるのではないでしょうか。

オリジナル作品や見逃し作品が楽しめる!

VOD会社の中には、オリジナル作品に力を入れていたり、テレビ放送の見逃し配信を行っているところがあります。

「最近のテレビ番組はつまらない」などの声もよく聞かれます。(これについてはまた別の記事で語りたいと思います。)

その風潮を表して…なのか、オリジナル作品に力を注いでいるところもあります。ドラマのスピンオフ作品なども近いものがありますが、そのVODでないとみることのできない作品を増やすことで差別化を図っていくものと見られます。

おすすめのVODサービス3選!

おすすめのVODサービスをいくつかご紹介します。

どのVODにも無料体験期間があります。少しでも気になったら、試してみてはいかがでしょうか?

おすすめのVODサービス

U-NEXT

国内最大級のVODサービス!作品数は170,000以上!
映画・ドラマ・バラエティ・アニメといったジャンルも豊富にラインアップ!
最新作の配信が早いのも特長!

月額  :1,990円(税別)
無料期間:31日間

Hulu

60,000作品以上が見放題!
海外ドラマに強い。
日テレ系の見逃し配信やオリジナル作品も◎

月額  :933円(税別)
無料期間:14日間

NETFLIX

世界最大のVODサービス!
洋画・海外ドラマに強い。
オリジナル作品も豊富!

月額  :800~1,800円(税別)
無料期間:なし

COMMENT ご意見・ご要望などこちらへいただけるととうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました