『THE KILLING/キリング 26日間』あなたもきっとハマる!?サスペンスの傑作!シーズン2 第4~6話のあらすじ・感想。

the killing season2 海外ドラマ
出典:U-NEXT公式サイトより

あなたもきっとハマるはず!サスペンスの傑作!

海外ドラマ『THE KILLING/キリング 26日間』はもう観ましたか?

サスペンスが好きな方なら絶対にハマる傑作だと思います。

先の読めない展開とよく練られた脚本で、観る者を魅了してくれます。

まだ、観ていない方は是非、この機会にご覧下さい!

『THE KILLING/キリング 26日間 』はどこで観ることができるの?

『THE KILLING/キリング 26日間』を観ることのできる代表的な動画配信(VOD)サービスをまとめました。

配信状況の◎は見放題、▲は要課金(PPV・レンタル)を表します。

動画配信サービス 配信状況 月額料金(税別)  無料期間
U-NEXT 1,990円 31日間
Hulu × 899円 14日間
Netflix 800~1800円 なし
Amazon プライムビデオ 500円(税込)
4,900円(年間プラン)
30日間
TELASA × 562円 30日間
dTV × 500円 30日間

※本記事の内容はすべて、2020年5月現在のものとなります。
 配信状況など、詳細は各社公式サイトをご覧ください。

見放題なのはU-NEXT、Netflixの2社です。

その中でも、一番のおすすめはU-NEXTです。

U-NEXTの特長

日本最大級の動画配信サービス!
配信作品数は170,000本以上!(そのうち見放題作品は140,000本!)
・海外ドラマも映画もアニメも、ジャンルは豊富!
・月額料金は1,990円(税別)
・無料期間は31日間!
・毎月1,200ポイントがもらえる!

\「THE KILLING/26日間」を観るならU-NEXT!/

U-NEXT

スポンサーリンク

『THE KILLING/キリング 26日間』とは

『THE KILLING/キリング』はデンマーク発のドラマとなります。

デンマークのドラマ史上、最高視聴率を獲得して話題となり、アメリカ版としてリメイクされたものです。

リメイクとはいっても、全く同じではなく登場人物の名前も後半の展開も異なりますので混乱しないように…。

舞台はアメリカのシアトル。失踪した17歳の美少女の死体が見つかったことから物語は始まる。捜査にあたるのは退任間近の女性警察官。その捜査を1話1日で描くサスペンスドラマです。

アメリカでは、シーズン1、シーズン2とまたがって放送されました。

合わせて全26話の構成となります。

この記事で紹介するのはシーズン2の第4~6

当然ながら、シーズン1を観ていないと全く話が分かりません!

作品概要

『THE KILLING / キリング 26日間』season 1 & 2

制作国

アメリカ(2011,2012年)

原作・原題

「THE KILLING」(デンマーク)

脚本

ヴィーナ・サド 他

監督

パティ・ジェンキンス
エド・ビアンキ  他

出演

ミレイユ・イーノス
ジョエル・キナマン
ミシェル・フォーブス
ビリー・キャンベル
ブレント・セクストン 他

あらすじ

このドラマのあらすじになります。

雨の多いシアトル。失踪した17歳の少女、ロージー・ラーセンが遺体で発見される。一見ありふれた殺人事件のように思われたが、捜査が進むに連れ、政治家や警察関係者、被害者遺族、友人らを巻き込んだ複雑な人間模様が浮かび上がっていく。

引用:U-NEXT公式サイトより

予告編の動画

「キリング/26日間」2014.4.2リリース!

主要人物/キャストの紹介

the killing relationmap
引用:20世紀FOX 公式サイトより

サラ・リンデン / ミレイユ・イーノス

シアトル警察の女性刑事。恋人との結婚を機に退官間近だった。その最終勤務日に事件は起こる。後任の刑事とともに血だらけのセーターの持ち主を探すうちに、湖から女子高生の死体を発見する。事件はここから始まる…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TheKillingFanGroup(@thekillingfangroup)がシェアした投稿

演じているのは、ミレイユ・イーノス

『Sex & The City』や『CSI:マイアミ』などに出演。やはり代表作はプラッド・ピットと共演した『ワールド・ウォー Z』だろう。

ちなみに本作で、エミー賞やゴールデングラブ賞にノミネートされました。

スティーブン・ホールダー / ジョエル・キナマン

リンデンの後任となる予定の刑事。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Joel Kinnaman Smorgasbord(@yokinnaman)がシェアした投稿

演じているのは、ジョエル・キナマン。スウェーデン出身の俳優。

代表作には『ロボコップ』(2014年のリメイク版)、『ハウス・オブ・カード』(2016年)などがあります。Amazonプライムビデオのオリジナルドラマ『ハンナ』にも出演していますね。

ロージー・ラーセン / ケイティ・フィンドレイ

無残にも殺害され、湖に沈んだ車のトランクから発見された女子高生。

家族に対して秘密もない、ごく普通の少女。だが、所持品には高級ブランドもあったりして、謎も多い。

彼女を殺害したのは誰なのか!?事件の真相とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Thirtysomething Fangirl™(@thethirtysomethingfangirl)がシェアした投稿

演じているのは、ケイティ・フィンドレイ。カナダの女優さんです。

かわいい!素敵な女優さんですね。

スタン・ラーセン / ブレント・セクストン

被害者・ロージーの父親。運送会社を経営している。

娘の死に苦しみながらも独自で犯人探しを試みるが…

ミッチ・ラーセン / ミシェル・フォーブス

ロージーの母親。

愛する娘の死に苦しむ。

ダレン・リッチモンド / ビリー・キャンベル

シアトルの次期市長候補の政治家。選挙参謀のグウェンやジェイミーとともに選挙戦を闘う。
ロージーの死体が入っていた車は彼の陣営の選挙カーだった。
市長選を間近に控え、スキャンダルを恐れるが…。

あらすじ(ネタバレ)と感想

以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい!

DAY 17 タトゥーの男 -Ogi Jun-

ホールダーはリンデンと合流し、隠してあった本物のロージーのリュックをリンデンに見せた。改めて、リュックを置いた人物を探すことにした。ホールダーは監視カメラの偽造の件は知らなかったと話し、ギルは恩人だったが信じるべき相手を間違えたようだったと謝罪した。ひとまず、彼を信じることにしたリンデンは再び相棒として捜査をはじめることにした。

ラーセン家では息子のトミーが学校に行きたがらず、弟はトミーに車のトランクに閉じ込められたりしていました。トミーはテリーになじめず、反抗的な態度をとるようになっていた。そんな時、ニュースでは”ボー・ソレイユ”の放火事件が報じられたいた。

リンデンたちは連邦捜査局を訪れ、コーリーに話を聞く。タトゥーの男の情報を調べてもらったが知らないとの事だった。しかし、スタンがマフィアから足を洗う際の見返りに、ヤネクの部下で不祥事を起こした男ピョートル・ミカエルスキーを殺したとの噂があるとの情報を得た。ピョートルには家族がいて、発見者は妻のモニカだったことが分かった。モニカを訪ね話を聞くが、どうやらアリバイはあるようだった。

ホールダーはロージーが年上の男と会っていたというスターリングの話を思い出し、スターリングに改めて話を聞くことにした。家の外からタトゥーの男がロージーを見つめていたことがあり、その男は少年院か刑務所上がりの男でロージーは怯えていたと話した。

一方、リッチモンド陣営のジェイミーは彼の力になろうと、グウェンに電話をしたりしていたが、彼女は新しい職場で忙しそうだった。病床にはアダムズが見舞いに訪れて、今回の選挙を下りたらどうかというが、「警察が僕を真犯人だと思った理由が分からない。必ず証拠を掴んでやる」と気勢を張って見せた。リッチモンドは下半身不随になってしまったことに絶望し、出馬を取りやめると言い出した。

リンデンたちは、少年院を訪れタトゥーの彫り師だという男と話し、あのタトゥーを彫ったことを認めさせ、相手を探った。ギフスという仮名を使っていた男だが住所なら分かると手がかりを得た。調べるとアレクシー・ギフォースという名で、養子となっていてヤネクの手下として働き、ラーセン家の3ブロック先に住んでいると言うことが分かった。

スタンはベルコの遺体を引き取りに葬儀場へとやってきたが、その手続きはすでに済んでいた。手配したのはヤネクだった。そこで息子のトミーが学校でいじめにあっていることを知らされた。スタンは学校へ行き、トミーがいじめられている姿を見て、喧嘩の仕方を伝授した。

テリーは車内から電話をかけるが、女性が出たのですぐに切った。電話をかけた相手はジャスパーの父親であるマイケル・エイムズだった。

会社のトラックの清掃をしていたスタンは、荷台から火薬のカスを発見した。”ボー・ソレイユ”の放火に関係があると直感し、ヤネクを問い詰めると放火のことを認めた。「ロージーに何をした!」と殴りかかるが取り巻きに取り押さえられた。

アレクシー宅の近くで張り込みをしていたホールダーは帰宅したアレクシーを発見、追跡を試みるが逃げられてしまった。

リンデンはレジーの協力を得て、元里子の情報を探った。アレクシーの母親はモニカ・クロール、父親はピョートル・ミカエルスキーだということが分かった。

今後どうしたらいいか分からず頭を抱えているスタンのもとにモニカが現われ、「私が誰だか分かる?当然の報いよ…。」と告げた。

アレクシーの家を家宅捜索した二人はロージーの似顔絵に×印がしてある絵を見つけた。

第4話のまとめと感想です。

■ リッチモンドは出馬を取りやめる!?

下半身不随になってしまって絶望したリッチモンドは対抗勢力のアダムズに強がって見せるも、かなり弱気になってしまいました。苛立ちからなのか、腹心のジェイミーにもひどくあたり、ついにはクビを宣告してしまいました。

妻を想う優しい男のはずなのに、なんだかかわいそうに思えてきましたね。鏡に映る車椅子姿の自分をみる表情がとても哀しげです。

■ ”ボー・ソレイユ”放火はやはりヤネクの仕業だった!

やはり”ボー・ソレイユ”放火はやはりヤネクの仕業でしたね。てことはあの靴屋の火事も同じかなと思いますね。かなりやり手のマフィアだ。

放火した理由は分かりませんでした。何かの証拠を隠したかったのか?もっと大きな何かが隠されているのか…?

それににても、いじめられている息子トミーに勇気を与え、喧嘩の仕方を伝授するなど本当にいいお父さんっぷりですね。

けど、自分の会社のトラックの荷台に火薬のカスはあったわけだし、もっと従業員を疑うべきではないのかな?

■ テリーが電話していた相手はマイケル!

テリーが電話していた相手はジャスパーの父、マイケル・エイムズでした。過去の話から推察すると不倫相手という事なのでしょうね。この二人、今後事件に絡んでくるんでしょうか?気になりますね。ただ単純に不倫しているというだけにしては意味深なカットが多い。何かの布石ではないでしょうか?深読みしすぎですかね…。

テリーはトミーともうまくいかなくなってしまっているし、家を追い出されてしまうのでしょうか?すると頼るのはマイケル?

■ タトゥーの男はスタンに殺された男の息子だった!?

ついにタトゥーの男の正体が分かりましたね!この男、かつてスタンがマフィアを抜けるときの見返りとして殺した男ピョートル・ミカエルスキーの息子でした。ヤネクに拾われ、その関係でラーセン運送に勤務していました。

ロージーのリュックを置いたのは彼なのか?だとしたら犯人の可能性は高い!×印のついた似顔絵は何だったんだろう?いや、母親のモニカもスタンに対して恨みは持っているでしょうから怪しくなってきましたね。

スタンの過去のことが焦点になってきました。親族を殺された恨みは当然あるだろうし、やはりアレクシーが怪しいのか?けれど、それにしては選挙カーの関係はなさそうだし、実行犯ではなさそうだなぁ。もっと巨大な何かが隠されているような気がしてます…。

■ 名コンビ復活!

リンデンとホールダーは誤解が解けたようでよかったですね。また今まで通りの名コンビ復活です。

まだまだ謎が多いですね。

・ロージーのリュックを置いたのはアレクシーなのか?
・テリーとマイケルの関係は事件とは無関係!?
・リッチモンドはこのまま出馬を辞退してしまうのか?

次回も楽しみです!

\「THE KILLING/26日間」を観るならU-NEXT!/

DAY 18 過去の亡霊 -Ghosts of the Past-

リンデンたちはアレクシーについて推理をし、行方を捜してアレクシーの母親・モニカに話を訊きに行った。彼はここに潜伏していると確信した二人は応援を呼び、彼を確保した。

取り調べを行うが、上司のカールソンは相変わらず非協力的だ。話をしていると意外な事実が分かった。ロージーは両親を嫌っていたというのだ。何か秘密があるのは確かだと確信し、捜査を焦ったリンデンは令状を待たずに彼の携帯を調べることにした。

リッチモンドは病室で夢を見た。ベルコに銃で撃たれる夢だった。テレビのドラマのシーンでの銃声にも敏感になってしまっている様子だ。外の空気を吸いに外へ出ていたリッチモンドは兄を見舞いに来た女性と世間話をするが、いつのまにか、自分でも気がつかないうちに放尿してしまっていた…。とても情けなく自分を思ったことでしょう。

スタンはミッチに電話をかけるが、出ない。ミッチはモーテルの窓から女性がなにか男と言い争っているのを目撃した。その女性がカフェで店員ともめているところを助け、彼女と食事することにした。話をすると、ロージーと同い年の娘だった。

アレクシーの通信記録を調べたリンデンたちは、ロージーが事件当夜午前1時14分に彼に留守電を残していたことが分かった。ロージーは誰かに怯えた様子で、アレクシーに助けを求めていたのだった。ロージーとの関係はその前にもあった。毎週金曜の夜、カジノに向かうロージーを車で送っていたのだった。ロージーは誰を見たのか?を問い詰めているとき、彼の弁護士が現われて聴取は中断。

高熱を出したジャックの看病をするため、モーテルへと戻ったリンデンだったが、そこには父親がきていて、言い争いになる。「息子よりも殺された少女の方が大切なんだろ?」ツラい言葉を投げかけて、部屋から出て行った。

ジェイミーは昔の友人を訪ねて動き出していた。リッチモンドを訪ね、自分の祖父の話をします。工場の事故で妻も家も仕事も全てを失ったが、その後全てを取り戻したと。「不運に負けなければ、真の自分になれる」と。そして、犯人に仕立てられた決定的な理由となった監視カメラの映像がアダムズ陣営の手による偽造だったことを伝えると、リッチモンドは「破滅させてやる…」と再び闘志を取り戻した。

アレクシーはリンデンに何か話したいことがあると言ってきた。
最初はスタンを殺す気で近づいたが、ロージーと出会い気持ちが鈍ったと。事件当夜、フェリーの乗降場で見た車は黒い高級車でスモークガラスが貼られていたという事だった。

スタンはテリーの部屋へと入っていき、そして…キス!?
その後、誰かから電話が来て、迎えに来た車に乗り込む…。

そして、アレクシーからはもう1つ、衝撃の事実が語られる!
「スタンはロージーの実の父親ではない!?」

第5話のまとめと感想です。

■ アレクシーは犯人じゃなかった!?

ずっと追い続けてきた腕にタトゥーを持った男アレクシーは、かつてステンが殺した男の息子だったことから、復讐のためにこの事件を起こしたのかと思われたが、違った。アレクシーは犯人じゃなかったんですね。さらに新しい事実も分かり、スモークガラスを貼った黒い高級車をみてロージーは怯え、アレクシーに助けを求める電話をしていたのだった。

黒い高級車!?誰のものだろうか?金銭的に余裕があるキャラクターといえば、リッチモンド、アダムズとかの選挙関係者。あるいは実業家のマイケル・エイムズか? 

リッチモンドはないとして、マイケルが怪しいかな?

■ ロージーはスタンの娘じゃなかった!?

そして、衝撃の新事実!ロージーはスタンの実の娘じゃなかったんですね。スタンやミッチはあんなにも溺愛していたのだから、驚きでしたね。

けれど、ロージーが実は両親のことを嫌っていたというのはなぜなんでしょうか?自分の出生の秘密を知ってしまっていたのかもしれませんね?

リッチモンドは再び立ち上がれるのか?

ベルコに撃たれる夢を見たり、テレビの銃声にも怯えたり、下半身の自由がきかず放尿してしまったり…精神的にもかなり参ってしまっている様子のリッチモンドだが、ジェイミーの献身的な活動で、闘志を取り戻したようです!

今後、アダムズ陣営への反撃が始まるのか!?選挙線の行方は?注目していきたいですね。

■ テリーとスタンがキス!?

よく分かりません。複雑な家族関係がこうさせてしまったのか。それともずっと前からこういう関係だったのか?ただの慰めのキス&ハグか?

ミッチは旅先でロージーと重ねているのか同年代の女の子と仲良くなったりしていて…。いずれにしても、壊れていくラーセン家が心配ですね。

さあ、今回も衝撃の事実が明らかになりました!
謎が謎が次なる謎を呼んで、複雑に絡み合ってくる展開が面白い!

・リュックを置いたのは誰か?
・ロージーの実の父親は誰なのか?
・リッチモンドは復活できるのか?
・テリーは誰の車に乗ったのか?(マイケルかな?)

物語もいよいよ中盤!次回も楽しみです。

\「THE KILLING/26日間」を観るならU-NEXT!/

DAY 19 思い出の箱 -Openings-

テリーが乗り込んだ車はやはりマイケル・エイムズの車でした。そして、予想通り不倫関係にあったのだが、マイケルは「二度と電話してくるな!」とテリーを車から降ろした。

リンデンはスタンに”ロージーが実の娘ではない”ことについて訊くと、スタンは素直に認め、はじめから承知でミッチと結婚したが、実の父親が誰かは知らないと話した。ロージーには話していないと言うが、彼女はこの事実を知っていた。彼には心当たりがあった。古い想い出の写真などが詰まった”ミッチの箱”だった。祖父母からもらってロージーがよく見ていたとのことだった。

あらためて、ロージーの部屋を調べてみると、窓の外の道路に灰皿と吸い殻を発見する。そこへホールダーから連絡が入り、マイケルが旅行バッグを持ってリムジンに乗っていた事を知った。その隣に乗っていたのはロージーではなく、テリーだった。マイケルはラスベガス行きの飛行機を予約していたが乗らなかったとも。

テリーに話を訊くと、10月5日、マイケルと一緒にラスべガスへ行く予定だったが、ドタキャンされたということだった。

ホールダーに連絡が入る。ロージーの携帯からエイムズに対して「5000ドルくれないと奥さんに教える」とメールが送られていたことが判明した。さらに調べると、マイケルはアダムズの有力な支援者であったことも分かった。マイケルがロージーに電話してるかもと思ったリンデンは捜査令状を頼んだ。

リンデンたちはジャスパーを訪ね、ロージーの事を訊いた。実はジャスパーは彼女とは寝た事がなく、おそらくは処女だと。デートクラブで売春なんてありえないということだった。さらに、父親のマイケルは土曜の明け方に尾灯の壊れたボロいタクシーから降りてくるのを見たと証言した。

リッチモンドはマスコミのインタビューに答え、改めて出馬の意思を明らかにした。その際、ジェイミーの祖父の話を引用した「「不運に負けなければ、真の自分になれる」この二人の絆はさらに強くなった。一方、グウェンはリッチモンドのもとへ訪れ、仕事に復帰したいと願い出るが、あしらわれてしまう。その後、リッチモンドから電話があり、仕事上だけだと釘を刺されつつも、陣営に復帰することになった。

ジャスパーはマイケルの仕事場まで向かい、ロージーとの関係を問い詰める。

ミッチは旅先で仲良くなった少女ティナと話をしていた。将来の夢を語るティナだが、ミッチは母親に相談するようにと進言する。勝手に服を洗っていたミッチに反感を覚えるが、そのままベッドで眠ってしまった。

マイケルへの捜査令状の件で確認をとるがまたしてもオークス・カールソンが取り下げていた。怒りながら署に戻るとギルとすれ違う。ジャスパーとマイケルが来ていた。パーティの時にマイケルにメールを送って脅迫したのはジャスパーだった。事件当夜、マイケルがカジノにいたことも分かったが証拠にはならない。またしてもオークスの妨害に遭い、捜査は難航してしまった。

ロージーの墓の前で、スタンとアレクシーは少し話をする。「実の父ではないことを伝えるべきだった」と悔やむ。アレクシーは「ずっとお前を殺す気だった。娘に救われたな」と言っていた。お互いに過去や因縁のある相手同士だが、ロージーへの想いは共通していた。

リンデンたちはパーティ中だったテリーの妻を訪ねて話を訊くことしたが、その証言からマイケルはロージーの父親ではないことが判明しました。また、そのパーティ会場には”ワピ・イーグル・カジノ”の女オーナーが来ていました。マイケルの会社との関わりを疑ったリンデンたちは調べてみることにした。

リンデンとジャックが家に戻ると、冷蔵庫に一枚の絵が貼られていた。ジャックが貼ったものではないので、何者かが部屋に侵入したと考え、ホールダーの部屋に身を寄せることにした。

ミッチが目覚めると、隣で眠っていたはずのティナは荷物をあさり、金目のものを盗んで出て行ってしまっていました。そして、荒された荷物の中に1通の手紙を見つけた。デイビット・ライナーという男宛にかかれたもので、「私は妊娠2ヶ月です。どうすべきでしょうか?」と伺いを立てる内容だった。結局、出すことができずにとっておいたものだった。そしてミッチは悟る!「ロージーはこれを見たに違いない!」と…。

そして、リンデンとホールダーの様子を外から見ている人物がいる…。

第6話のまとめと感想です。

■ リッチモンド復活!!

ついにリッチモンド復活です!強いですね。身体も心も。

それは信念からなのか?アダムズへの復讐心からなのか?

グウェンも陣営に復帰したことですし、本格的に反撃開始ってところですかね?けれど、グウェンの本心はどこにあるのかな?昔のように恋人関係には戻れそうにないし、ただ勝ち組につきたいだけか?女心はわからん…。

■ ロージーの実の父親が判明!

ついにロージーの実の父親の名前が明らかになりましたね。デイビッド・ライナー。何者なんでしょうか?

しかも、それをロージーが知ったのは祖父母がロージーによく見せていたという”ミッチの箱”の中にあった、出せずにいた手紙だった。

図らずもそのことを知られてしまったミッチの心境はいかがなものでしょう?この手紙のせいで、ロージーは自分の出生の秘密を知るに至り、苦しんだことでしょう。両親の事が嫌いになり、夜遊びをするようになってしまったのもこのせいなのかも…!?

■ マイケル・エイムズ、かなり怪しいぞ!?

テリーはやはり不倫してました。けれど、相手のマイケルからは別れを切り出されてしまいましたね。これからどうするんでしょうか?

それにしても、ここへ来てマイケル・エイムズ、怪しくなってきましたね。

高級車の件、カジノへ来ていた件、予定をキャンセルして明け方には帰宅してきた件、どれをとっても怪しく見えます。

けれど、ロージー殺害の動機が見当たりませんね。まだ何か隠されているのかもしれませんね…。

物語は中盤ですが、まだまだ謎が多いですね。

リュックを置いたのは誰か?
・マイケル・エイムズとアダムズ陣営の関係は?
・マイケル・エイムズとカジノの関係は?
・デイビット・ライナーとは何者なのか!?

次回も楽しみです!

\「THE KILLING/26日間」を観るならU-NEXT!/

まとめ

物語全体の4分の3まで経過しましたね。

次々と新しい事実が明らかになっては、空振りに終わる…。
そして新しい手がかりを追っていく…。

さらに、選挙戦や人物同士の意外な接点などが複雑に絡み合ってきています。

真犯人は誰なのか?動機は何なのか?

もはや誰が犯人でもおかしくない!(笑)

まちがいなく、サスペンスの傑作だと思います。

少しでも気になった人は是非、この機会にご覧下さい!

シーズン2 第7~9話はこちらをご覧下さい。

『THE KILLING / キリング 26日間』が観られるのは?

『THE KILLING/キリング 26日間』を観ることのできる代表的な動画配信(VOD)サービスをまとめました。

配信状況の◎は見放題、▲は要課金(PPV・レンタル)を表します。

動画配信サービス 配信状況 月額料金(税別)  無料期間
U-NEXT 1,990円 31日間
Hulu × 899円 14日間
Netflix 800~1800円 なし
Amazon プライムビデオ 500円(税込)
4,900円(年間プラン)
30日間
TELASA × 562円 30日間
dTV × 500円 30日間

※本記事の内容はすべて、2020年5月現在のものとなります。
 配信状況など、詳細は各社公式サイトをご覧ください。

見放題なのはU-NEXT、Netflixの2社です。

その中でも、一番のおすすめはU-NEXTです。

U-NEXTの特長

日本最大級の動画配信サービス!
配信作品数は170,000本以上!(そのうち見放題作品は140,000本!)
・海外ドラマも映画もアニメも、ジャンルは豊富!
・月額料金は1,990円(税別)
・無料期間は31日間!
・毎月1,200ポイントがもらえる!

\U-NEXTを無料体験してみる!/

\いますぐ無料登録してみよう!/

U-NEXT

COMMENT ご意見・ご要望などこちらへいただけるととうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました