『THE HEAD』第1話のあらすじ・感想・考察。初回から謎だらけ!予想できない衝撃の展開が!鍵を握るのはアザラシ??

「THE HEAD」 #1 story 海外ドラマ

2020年6月12日(金)10:00、いよいよ話題の海外ドラマ『THE HEAD』が世界同時配信された。

話題をさらっている大きな要因の1つはジャニーズの山下 智久さん(愛称:山P)がメインキャストの一人として参加しているということ。しかも全編英語での出演。。さらにエンディングテーマは自らの作詞・作曲による「Nights Cold」に決定。山Pが”世界の山P”になる瞬間が訪れたのです!

もちろん、それだけではなく海外ドラマとしての期待度も大きい。

海外ドラマ『HOME LAND』でエミー賞も獲得したラン・テレムが製作総指揮をとり、ヨーロッパ最大級の制作会社である「THE MEDIAPRO STUDIO」の主導のもとでHuluも制作に参加した、いわば日欧共同制作による超大型国際ドラマだ。

ジャンルはミステリースリラーと銘打たれている。

スポンサーリンク

『THE HEAD』第1話のあらすじ

第1話のあらすじになります。

6ヵ月間の長い暗闇が、南極に到来した。
「南極科学研究基地ポラリス6」では、 世界屈指の生物学者アーサーを含む10名の越冬隊を残し、 夏期隊員たちが南極を去ることに…。

夏期隊長のヨハンは「越冬隊」に選ばれた遺伝学者の妻アニカに別れを告げ、 基地の管理を冬期基地隊長エリックに委任。 初めて越冬隊に参加する医師マギーと、アーサーの右腕アキも、入念に準備を進める。

その6ヵ月後――。 突如、基地からの連絡が途絶え、心配したヨハンと同僚たちは基地へ急行。 すると、そこには悪夢が広がっていた…! 越冬隊のうち7名が無残な遺体となって発見され、 生存が確認された者もいる一方、行方不明になっている者もいた…。

引用・Hulu

登場人物の情報などはこちらの記事をご覧ください。

第1話のあらすじ【※ネタバレします】

以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい!

別れ

舞台となるのは、極寒の南極大陸に佇む”科学研究所ポラリス6”。およそ半年間続くといわれる極夜の前日、夏季隊員たちが基地を去るためお別れのパーティが開かれた。

夏季隊長のヨハンは基地を去り、妻のアニカは越冬隊として基地に残ることになった。2人は別れを惜しみつつも、「これが終わったら家族を増やそう」と約束して別れた。

アニカは世界屈指の生物学者・アーサーのもとで8年もの間、共同研究を行ってきたが何やら確執がある様子。「手柄を独り占めさせたくない」と話す。

基地に残る越冬隊は、冬期体長のエリックをはじめ、新人の微生物学者・アキや医師のマギーも含めて10名。

迷子のアザラシ

基地に残った越冬隊のメンバーはリビングで「遊星からの物体X」というSFホラー映画を観ている。越冬隊の結束を高めるためだという。

そんな中、マギーは「休憩する」と席を立ち、建物の外に出る。すっかり夜になった空にはオーロラが輝いていた。するとどこからか何かの鳴き声が聞こえた。

鳴き声の正体は迷子になってしまったアザラシだった。

隊員には”ゴミを出さない。野生動物に接触しない”という規則があるので、助けることは出来なかった。しかし、マギーはそのアザラシのことが気になって、なかなか寝つけなかった。

基地では異変が!

6ヵ月後、ようやく長い夜が明けて太陽が顔を出した。

越冬隊と任務交代のため、ヨハンらは再び研究所にやってきた。ところが、その3週間ほど前から基地と連絡が取れなくなっていた。

不思議と出迎えの隊員たちもおらず、基地の扉は雪で覆われていて出入りした痕跡がない。何かの異変を感じたヨハンは急いで基地の中へ入った。中は停電しているのか、真っ暗だった。

基地内を探すと”壁に血のついた手の痕”を見つけた。一週間以上前に付いたものらしい。さらに進むと壁には銃痕も見つかった。発電機が作動し、明るくなった基地内をさらに進むとそこにはエリックの遺体が!

動揺を隠せないヨハンらが別の隊員から連絡を受け、今度は格納庫へと向かう。すると、2台あったうちの1台の雪上車が焼けており、車の前には布のかけられた何かがあった。そこには丸焦げになった身元不明の女性の遺体(身長と骨格から女性と思われた)が!医師の見立てによると、800℃以上の熱で焼かれたとのこと。

生存者発見!

他の隊員を捜索を続け、食堂へ。厨房のドアが中からふさがれており、ヨハンらはこじ開けて入った。厨房の棚の中にはナイフを構え、何かに怯えきったマギーが隠れていた。彼女は医師によると重度のT3症候群という症状とのこと。南極特有のもので精神錯乱と記憶喪失などを引き起こすという。

さらなる捜索の結果、7名の隊員が死亡。生存者はマギー1名。行方不明者が2名という悲惨な状況だった。

ヨハンはこの結果を本部に報告。警察が到着する48時間後まで待てないとヨハンは独自に捜査を始めることに…。

あの日のこと…。

焼死体が女性ということは、アニカかエバかということになる。

妻のアニカの安否が気になって仕方がないヨハンは、錯乱状態のマギーに詰問する。

すると、マギーはあの日のことについて、混乱し錯乱する記憶をたどって語り始めた…。

「アザラシの日…、いやその次の日…、マイルズとニルスが…、私たちは裸で…」

マギーとアキとヘザーは越冬隊に初参加となるため、そのための儀式というのが”300クラブ”というもの。300℃のサウナから-100℃の雪上まで裸で走り抜けるというものだった。楽しそうな隊員たち。そこではアキのアーサーへの尊敬の念が語られた。

そんな中、ニルスとマイルズが突然殴り合いの喧嘩を始める。医師であるマギーは治療しながら話を聞く。喧嘩の理由は”シャワーにかかる時間とのこと。どうやら、時間の感覚が把握しづらい…と。T3症候群の疑いがあると診断した。

最初の犠牲者

通信担当であるマイルズが通信室にいると、突然通信機器が異常をきたし始めた。マイルズは慌てて対処を始める。

他の隊員たちもそれぞれの仕事に没入していた。アキは死んだアザラシを雪の中へと埋めていた。

一同は食事をしているが、マイルズの姿が見当たらない。誰も心当たりがない様子だ。最後に目撃したのはアキで2~3時間ほど前、外で点検しているのを見たという。

心配になった隊員たちは、エリック、ヘザー、ニルスの3人でマイルズの捜索に出かけた。雪上に血痕を見つけたヘザーは2人を呼び、血痕をたどっていく…。

基地に戻った3人は放心状態、混乱する隊員たち。本部への連絡を取ろうと通信室にやってくるが、設備は故障していて使えなくなっていた。

「マイルズの仕業だ」というアーサー。「ヤツはどこだ?」という問いに彼らが答える。

血痕をたどっていったその先には、マイルズの遺体が!!

しかも首から上が切り落とされ、身体の上にのせられていたという無残なものだった。

アニカの残した手紙…。

そこまで話して、ショックを思い出したのか、マギーはひどく動揺しパニック状態に陥った。医師のミケルはヨハンを部屋の外に出し、落着かせようと試みた。

冷静さを取り戻したヨハンは、アニカの部屋で横になり、彼女との甘い想い出を思い出していた。夢(回想?)の中で「見つけて」とささやくアニカ。身体を横向きに変えたヨハンが見つけたものはヨハンに宛てた破かれた1枚の手紙(メモ)。そこに書かれていたのは…。

「許されないことをしてごめんなさい。私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ。」

第1話の感想と考察

構成について…

「THE HEAD」第1話はここまでです。

全6話という構成だからなのか、ストーリーはテンポよく進みます。衝撃的な展開と早くも謎の多い展開となりました。

ストーリーの全体的な世界観が描かれ、凄惨な殺害シーンが描かれました。

全10名の越冬隊のうち、死亡者7名、生存者1名、行方不明者2名という状況です。

生存者の記憶の回想シーンをたどっていくという形で、「ここで何が起こったのか?」を描いていく構成となるようです。

ジャニーズの山下智久さん(愛称:山P)の出演も話題でしたが、主役じゃないところがいいですね。キーパーソンなのかもしれませんが…。

日本のドラマなら、無理矢理にでも主役にしてしまいそうな感じすらしますよね。そんな事務所の力関係だけで配役が決まるのもどうかと日々思っているので、逆に嬉しかったです。(山下智久さんの熱烈なファンの方には申し訳なく聞こえるかもしれませんですが…)

多くの謎、伏線について…

■ アザラシ

迷子になったアザラシを気にしていたマギー。そしてそのアザラシを埋めたアキ。

南極条約ではアザラシの保護を目的に接触することも禁止されています。アキはあのアザラシは死んでいたから条約違反にはならないと主張していたが…。

このことが大きな伏線となってはいないのだろうか??

■ 黒焦げで見つかった焼死体は誰なのか?

格納庫で黒焦げの状態で発見されたのは一体誰なのか?

身長や骨格から女性らしいとのことだが…ということは、ヨハンの妻で遺伝子学者のアニカか看護師のエバかということになる。

あるいは、別の誰かという可能性も完全には捨てきれない…?

■行方不明者は誰なのか?

行方不明者が2名ということですが、誰なのでしょうか?

1人は天才生物学者・アーサーとして、もう1人は?アニカかエバか?

アニカは8年もの間、アーサーとともに研究をしてきた共同研究者でもある。

けれど、2人の間にも少し確執があるようで…アニカは「手柄を独り占めさせたくない」とも話していた。2人が一緒にいる可能性も少ないのでは?

■ ニルスの発言や行動におや…?

喧嘩したニルスが治療を受けているときの発言も気になりました。

「誰かに似ているな…」

これは何を意味するのだろうか??昔の隊員なのかな?
この研究所内では過去にも何かあったのだろうか?

さらに、マイルズが通信障害に気づいて外に出ていく姿を目撃していたが、なぜか黙っていた。なぜなのか…?

■ 通信機の異常の原因は何か?

通信機はなぜ突然故障したのでしょう?通信担当のマイルズも慌てていたから彼の仕業ではないでしょう…。

そして、それは彼の死に直結しているのでは…?

■ アニカの残した手紙の真相とは??

なんといっても、衝撃の内容の手紙(メモ)でした。

「許されないことをしてごめんなさい。私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ。」

これはもう、何かの罪を自白しているようなもの。これが彼女の自筆のものなのか。脅迫的に書かされたのかはまだ分からない…。

第1話は以上です。

初回ですが、多くの謎がちりばめられていましたね。

次回以降、少しずつ語られていくのでしょう。

楽しみに待ちましょう!

「THE HEAD」を観るには?

『THE HEAD』を観ることのできる代表的な動画配信(VOD)サービスをまとめました。

配信状況の◎は見放題、▲は要課金(PPV・レンタル)を表します。

動画配信サービス 配信状況 月額料金(税別)  無料期間
U-NEXT × 1,990円 31日間
Hulu 899円 14日間
Netflix × 800~1800円 なし
Amazon プライムビデオ × 500円(税込)
4,900円(年間プラン)
30日間
dTV × 500円 30日間

※本記事の内容はすべて、2020年6月現在のものとなります。
 配信状況など、詳細は各社公式サイトをご覧ください。

『THE HEAD』はHuluオリジナル作品ですので、他で観ることはできません。

視聴にはHuluへの加入申し込みが必要です。

Huluの基本情報

・総作品数は60,000本以上!
・月額は933円(税別)
・日本テレビ系のドラマに強い!
・海外ドラマに強い!

・無料お試し期間は14日間!

\Huluを無料体験してみる!/

第2話のあらすじ・感想・考察記事はこちら。

hulu

COMMENT ご意見・ご要望などこちらへいただけるととうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました