9年前の映画『コンティジョン』は現在の”コロナ”感染による混乱を予言したものだった!?僕らは何を学ぶべきなのか。

海外の映画

未知のウィルスによる感染拡大の恐怖!パニック・スリラー大作

最近、一本の映画が話題になっている。

『コンテイジョン』

この映画、2011年に公開されたものですが、今の”新型コロナウィルス”による世界的混乱を予言したかのような内容となっているのだ。

スポンサーリンク

コンテイジョンとは

2011年にアメリカで公開されたこの作品『コンテイジョン』はアカデミー賞受賞監督・スティーブン・ソダーバーグによるもの。

キャストもマット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ジュード・ロウなどそうそうたるメンバーが揃っている。

ちなみに、コンテイジョン(Contagion)とは、日本語でいうと「感染」「接触感染」という意味だ。

作品概要

コンテイジョン

制作国

アメリカ(2011年)

原作・原題

「CONTAGION」

脚本

スコット・Z・バーンズ

監督

スティーヴン・ソダーバーグ

出演

マリオン・コティヤール
マット・デイモン
ローレンス・フィシュバーン
ジュード・ロウ
グウィネス・パルトロー
ケイト・ウィンスレット  他

あらすじ

この映画のあらすじになります。

香港出張から帰ったベスは、咳と発熱に苦しみながらも、夫が待つ自宅に帰らず、シカゴで恋人と密会する。その頃、彼女と同じ症状の人間が世界各地で亡くなり始めていた。フリージャーナリストのアランは、政府が伝染病を隠しているとブログで指摘するが…。

引用:U-NEXT公式サイトより

予告編の動画

映画『コンテイジョン』予告編【HD】 11月12日(土)公開
ワーナーブラザーズ公式

あらすじ(ネタバレ)と感想

キャッチコピーは「恐怖はウィルスより早く感染する!」だ。

初期感染者の接点は中国の香港、ウィルスの発生源はコウモリだという設定になっています。このあたり、現在の”新型コロナウィルス(COVID-19)”とも酷似していますよね。

物語はなぜか2日目から始まります。

ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は香港出張から帰ってから咳と発熱に苦しみ、亡くなってしまう。

そのころ、世界中で同じ症状で亡くなる人が増え始めた。ウィルスによる感染症だ。

原因不明のウィルスによる感染は、驚くべきスピード感を持って世界中に拡大していきます。

あっという間に、感染者は増え続ける。

CDC(アメリカ疾病管理予防センター)は市民のパニックを恐れ、情報を隠蔽するが、こういった情報は思いの外、早く広まるもの。今はインターネットの普及などもあり、情報の拡散は早い。

人々は恐怖におびえ、食料品や日用品を買い占めるようになる。州境も閉鎖され学校も休校。看護師たちも感染を恐れ、仕事場を放棄するものまで出てきた。まさに「医療崩壊」だといえる。

気がついたら周りは感染者で溢れ、町では暴動がおこってしまう。

やがて、警察による統制もきかない状況に…

医療チームは必死にウィルスの発生源を突き止め、ワクチンをつくろうとするが、それには時間がかかる。その間にも感染は止まらず、死者は増え続ける…

劇中ではウィルス発生後わずか21日でワクチンが完成する。早い!

しかし、全ての人に行き渡るには臨床試験なども含め、半年~1年以上はかかるだろうということ。まぁ、そうでしょうね。

ワクチンは抽選で割り当てられることになった。すると今度は、「そのワクチンを誰が手に入れられるのか?」ということが問題になってくる。

そう、世界中で誘拐などの犯罪が起こり始めたんです。

「人間って怖い…」ですね。

そして、ついにワクチンが完成し、スタジアムでは行列ができる。市民は次々とワクチンを接種して事態は収束へ向かう。

ミッチはベスのデジカメを手に取り、思い出に浸ろうとしたのか、撮影済みの写真を見返していた。

そして、ラストシーンでは1日目の映像が映し出される。

そこには香港の森に分け入るAIMM社のブルドーザーが樹木を伐採する姿が描かれている。次の瞬間、住み処を奪われたコウモリ達は一斉に飛び立ち、すぐ近くに隣接した養豚施設に窓から侵入。食べていたバナナの切れ端が床に落下し、その破片を口に入れる豚が描かれる。

業者がその豚を選び飲食店へ搬入する。
豚の下ごしらえをしていたシェフは客との写真撮影を頼まれ、手に付着した豚の体液や血液をエプロンで拭いキッチンから店内へと向かう。

デジカメには、にこやかにシェフと握手しているベスの写真が保存されてた…。

この映画から僕たちが学ぶべきことは?

2020年4月現在、全世界で猛威を振るっている”新型コロナウィルス(COVID-19)”ですが、まだこれといったワクチン・治療法が見つかっていません。

今、僕たちにできることは…

1.感染らないこと

 手洗い・うがいを徹底する
 人の多いところに行かない
 人の触った物に触らない

2.他人に感染させないこと

 手洗い・うがいを徹底する
 人の多いところに行かない

3.デマに踊らされず、落着いた行動をとること。

自分の命、そして大切な人の命を守るためにも、今はむやみに家から出ないこと!

遊びに行くなんて、もっての他です!ありえないです!

 

仕事や様々な要因で外出しなくちゃいけない人も多いと思いますが、今一度「自分に何ができるのか?」を自問自答してみてはいかがでしょうか?

もちろん、僕も含めて…。

本当に今が我慢の時だと思うんです。

 

というか、政府も自粛要請とか甘いこと言わず、強制的に外出禁止令とか出さないと収まらないんじゃないですかね?もちろん、それに対する補償はしっかりとしてもらうのが大前提ではありますが…。

ウィルスの原因は…?

今回の”新型コロナウィルス(COVOD-19)”以外にもウィルス感染症は今までも存在します。AIDS/HIV、BSE、SARS(サーズ・コロナウイルス)、MARS(マーズ・コロナウィルス)、豚インフルエンザなどはまだ完全に死滅したわけでも収束したわけでもありません。

これらの感染源は動物由来であり、その原因をつくっているのは人間による環境破壊なのだと思います。野生動物たちの住み処(生息場所)を人間のエゴによって破壊し続けてきた結果、生態系に異常をきたしてしまったのではないかと。

そのツケが回ってきたんだよ、きっと!神様は見ている…。

この映画『コンテイジョン』からはこういった大きなメッセージのようなものを感じました。

『コンテイジョン』が見られるのは?

『コンテイジョン』を見ることのできる動画配信(VOD)サービスをまとめました。

配信状況の◎は見放題、▲は要課金(PPV・レンタル)を表します。

 

動画配信サービス 配信状況 月額料金(税別)  無料期間
U-NEXT 1,990円 31日間
Hulu 899円 14日間
Netflix 800~1800円 なし
Amazon プライムビデオ 500円(税込)
4,900円(年間プラン)
30日間
TELASA 562円 30日間
dTV 500円 30日間

※本記事の内容はすべて、2020年4月現在のものとなります。
 配信状況など、詳細は各社公式サイトをご覧ください。

見放題なのはU-NEXT、Hulu、Netflixの3社です。

その中でも、一番のおすすめはU-NEXTです。

U-NEXTの特長

日本最大級の動画配信サービス!
配信作品数は170,000本以上!(そのうち見放題作品は140,000本!)
・海外ドラマも映画もアニメも、ジャンルは豊富!
・月額料金は1,990円(税別)
・無料期間は31日間!
・毎月1,200ポイントがもらえる!

日テレの見逃し配信も楽しむなら、Huluもおすすめ!

Huluの特長

・60,000以上の作品が全て見放題!
・海外ドラマに強い!
・日テレ系の見逃し作品・スピンオフが楽しめる!
・月額は899円(税別)!

・Huluプレミアがすごい!

最後まで読んでいただいた皆様へ…

この記事を書いているのは、2020年4月18日です。

政府から緊急事態宣言が出され、営業が自粛させられ、国民一人あたり10万円の給付金が決定した状況です。

けれど、日々のニュースでは感染者数は増え続けています。僕の生活する地域では、ヒマを持て余したのか、家族で遊びに(しかも他県から!)来ている人も見受けられます。別に若者に限ったことじゃないんです。

みんなが、「自分一人ぐらいなら動いても大丈夫!」「ちょっとだけだから…」なんて思っているからこんな状況になるんです。

皆様も、自分の命と大切な人たちの命を守るための行動を心掛けるようにしてくださいね。

それでは、健康に気をつけて。コロナに負けるな!

COMMENT ご意見・ご要望などこちらへいただけるととうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました